The 解剖学 古生物学スプリングワークショップ2007

古生物学ワークショップ『The 解剖学』開催!

poster

The present is the key to the past

古生物を復元するには,現生生物の軟体部を知らなくてはなりません.現生生物を知るには「解剖」が一番オーソドックスで,かつ,確実な方法です.しかし,我々古生物学を学ぶ者の多くは地球科学分野を専攻しており,現生生物の解剖経験がない場合が多いです.そこで,軟体動物と脊椎動物の解剖のスペシャリストをお招きして,「解剖」の講義と実習を含めた古生物学スプリングワークショップ2007『The 解剖学』を開催いたします.

定員に達しましたので,受付を終了いたします.多くの皆様の参加表明ありがとうございました.

概要

  • 日時:2007年3月19日(月)〜3月21日(水・祝)
  • 場所:東京大学三崎臨海実験所 アクセス>>
  • 対象:主として学部生・院生・PD・若手研究者を対象としていますが,興味のある研究者であれば誰でも参加可能です.多くの方々の参加をお待ちしております.
  • ※これまでに解剖経験がない人でも大丈夫です.

  • 定員:30名(2月9日に定員に達しました).
  • 参加費:9000円 宿泊料・食費・保険料込み
  • 講師:佐々木猛智先生(東京大学),鈴木大輔先生(札幌医科大学)
  • 主催:日本古生物学会
  • 世話人:大橋智之,ロバート・ジェンキンズ,大路樹生(東京大学)
  • お問い合わせ:psw2007 at paleo-fossil.comまでお気軽に(atを@に変更してください)!
  • 申し込み締め切り:定員に達しましたので,受け付けを終了致しました.
  • 全国各地の学生・研究者からお申し込みがありました.お陰様で早々に定員に達しました.どうもありがとうございます.

内容

軟体動物と脊椎動物について,軟体部の構造や硬組織との関連性についての講義をそれぞれ3時間程度行います.この後,実際の標本(軟体動物は二枚貝と巻貝,脊椎動物はワニ(予定))を用いて解剖を行います.

また講義や実習の合間に希望者による発表を行います.発表可能な方は参加申し込みのときにお知らせください.

当日までのスケジュール

  • 2007年2月26日:道具紹介 (済)
  • 2007年2月下旬〜3月上旬:2nd circularの配布
  • 2007年3月15日頃:最終連絡

交通のご案内

東京大学三崎臨海実験所の最寄り駅は京浜急行線三崎口駅です.品川から1時間以上かかります.詳しいアクセス方法はこちらをご覧ください.三崎口駅からは「三4」系統のバスで油壺行きにお乗りください.終点の「油壺」から徒歩で数分で実験所に到着します.

バス時刻表:三崎口駅→油壺油壺→三崎口駅

当日のタイムスケジュール(案)

1日目  3月19日(月)
10:00〜13:00磯での標本採集(希望者のみ)(昼食は各自用意)
13:00〜14:00受付 新研究棟1F
14:00〜18:00講義「軟体動物」講師:佐々木先生
18:00〜20:00夕食・風呂など
20:00〜懇親会

2日目  3月20日(火)
08:00〜09:00朝食
09:00〜12:00軟体動物の解剖(二枚貝・巻貝)
12:00〜13:00昼食
13:00〜17:00講義「脊椎動物」講師:鈴木先生
17:00〜19:00夕食・風呂など
19:00〜21:00話題提供

3日目  3月21日(水・祝)
08:00〜09:00朝食
09:00〜13:00脊椎動物の解剖(ワニを予定)
13:00〜14:00昼食&解散
14:00〜解剖続き(希望者)

なお,解剖用具(メス,ハサミ,ピンセット)はこちらで用意する準備をしておりますが,数が足りません.お持ちの方はご持参ください.

持ち物

  • ピンセット,解剖用ハサミ,メスなどをお持ちであればご持参ください.
  • 現在メスなどをお持ちでない方は,この機会に購入されることをお勧めします.おすすめの道具類はこちらのページをご参照ください.
  • できるだけ白衣をご持参ください
  • 1日目午前中から来る場合は,昼食をお持ちください(2日,3日目のお弁当はこちらで用意します).

申し込み方法

定員に達しましたので,受付を終了いたしました.

宣伝用ポスター

宣伝にご協力頂きましてありがとうございました.正式な受付開始から約1週間で定員に達しました.今後ともよろしくお願い致します.

協力

本ワークショップは数多くの方々のご協力により成り立っています.特に講師の佐々木先生,鈴木先生は忙しい中,ボランティアで講義を行ってくださいます.記してお礼申し上げます.